メニュー

新型うつの特徴を知ろう!気になる人は早めの受診がおすすめ

[2021.04.30]

 

若い世代を中心に増えている「新型うつ」。 この言葉を耳にすることも増えましたが、実は新型うつという言葉は学会で認定された病名ではありません。 「従来のうつ病と異なるうつ病」という意味で使われている言葉であり、医療機関によって診断名が異なることもあるようです。

 

新型うつは、本人にとって非常につらく、深刻に悩んでいる症状でも、他人からみると怠けやわがままと勘違いされることもあります。 周囲からの理解を得られないことは患者にとって、さらなる苦しみとなるでしょう。 一見性格の問題ととらえられがちな新型うつゆえに、適切な治療を受けていない患者も多くいるのではないかと考えられています。

 

この記事では、新型うつについて知りたい人に向けて、特徴をはじめ、新型うつになりやすい性格や、新型うつと思われる人への対処法などについてまとめて解説します。

 

新型うつの特徴とは?

新型うつは従来のうつと全く異なる症状を訴える患者が多いようです。 新型うつの6つの特徴をみていきましょう。

 

新型うつの特徴1.過食

従来のうつ病では食欲がでないという症状を訴える患者が多い一方、新型うつでは食欲が増進する人が多いようです。特に、甘いものに対する食欲が増えることが多いと言われています。 過食によって体重が増加し、そのことでまた落ち込むといった悪循環になる人もいるようです。

 

新型うつの特徴2.過眠

従来のうつ病の典型的な訴えが不眠ですが、新型うつはその逆で、睡眠欲が増大する傾向があります。 身体が鉛のように重くてだるいと感じる患者も多く、昼夜を問わず寝てばかりいるケースも多いようです。 寝過ぎが続くと、脳の働きが悪くなり憂鬱な気分になってしまうので、ますます起きられないというループに陥ってしまいます。

 

新型うつの特徴3.他罰的な思考

他罰的とは、自分が体験した失敗や不幸などを、自分ではなく他人やまわりの環境などのせいにすることを意味します。

新型うつの人は、このような他罰的な思考に陥りやすく、なにかと「上司が悪い」「社会が悪い」などと人のせいにする傾向があります。 そして、自分の考えから外れていることに対して、強く反発したりすることもあるようです。

 

新型うつでは、「自分は上司や会社のせいでうつになった」との思い込みから、自らうつ病を会社などに申告したり、休職を申し出たりする人もいます。 他罰的な考えが強い新型うつの患者は、休職への抵抗が低く、「自分がうつになる原因は職場なのだから当然だ」といった考えを抱くケースもあるそう。 自分を責めてしまう従来のうつ病とは大きく異なることがわかりますね。

 

新型うつの特徴4.感情の変化が激しい

新型うつでは、自尊心が強く、自己中心的な考えを持つ傾向があるため、相手から否定されるような態度をとられると、悩んだりキレたりするなど気持ちが不安定になりがちです。

「ほかの人から意見された」「メイクが濃いと言われた」など、それほど落ち込むようなことではない些細なできごとでも、激しく落ち込んでしまうことがあるのです。 これは強い自己愛からくるもので、人から否定された、プライドを傷つけられたと感じると、ひどいときには何日も寝込んだりパニックを生じたりすることもあるようです。

 

逆に、褒められたりしたときには、気分が高揚し、興奮状態になることもあるのだそう。 このような感情変化の激しさも、新型うつの特徴のひとつです。

 

新型うつの特徴5.好きなことをしているときは症状が出ない

新型うつは、好きなことには積極的に行動できるという特徴があります。 仕事には行けないけれど、趣味や遊びなど、自分の好きなことは元気にできるというものです。自分が嫌だと感じる状況から離れると症状が緩和されるので、わがままだと誤解されやすいです。

 

新型うつの特徴6.投薬による効果が少ない

新型うつには、従来のうつに効き目の高い抗うつ薬を投与しても効果が少ないことがわかっています。 ワンパターンに抗うつ薬を投与し続けたとしても、副作用ばかりで期待される効果は見込めない可能性が高いです。

 

新型うつになりやすい性格とは?

新型うつになりやすい性格の特徴の一例として、以下の4つが挙げられます。

 

新型うつになりやすい性格1.他罰的・自己中心的

前述したように新型うつの特徴のひとつに他罰的な言動や思想が挙げられます。 自分の行動の責任を、人や環境、状況のせいにするのです。 また、自分はうつ病であることを肯定的に受け入れて、自分を守る盾として権利を主張することもあります。 そのため、自分中心に考えた言動や思想になりがちです。

 

新型うつになりやすい性格2.自己愛が強い

仕事や学業などについて十分な業績がなくても、自分は優れていると認められたいと思う傾向があります。 無意識に優越感を抱くため、自分の理想とは異なるものに対して強く反発する特徴があります。 自己愛が強すぎることで、高い理想と、現実のギャップによって、体調を崩すケースもあるほどです。

 

新型うつになりやすい性格3.自尊心が強い

自尊心が強いために、失敗を恐れます。 仕事や学業など自分の能力が試されるシーンを避け、趣味や遊びなどプライベートに逃げようとします。 怒られた経験が少なく、「自分はできる人間である」と根拠なく思い込んでいるのです。

 

新型うつになりやすい性格4.人からの評価に過敏

軽い注意や叱責でさえ、周囲の人からのちょっとした一言に過敏に反応します。 落ち込んだり、反対に怒りはじめたりするのです。 そして、注意や叱責をした人を攻撃し、避けることで同じような状況になるのを防ごうとします。

 

新型うつと思われる人への対処法

新型うつと思われる人には、まず、本人を理解しようと努めることが大切です。 そのうえで、以下のような対応を心がけてみましょう。

 

生活リズムをととのえてあげる

精神に疾患を抱えている場合には、生活リズムをととのえることが必要です。

とくに新型うつ病は、過食や過眠によって生活習慣が乱れやすいため、生活リズムをととのえてあげるのは有効的な手段のひとつといえます。 たとえば、「起床時間は、朝7時」「1日1回、10分は散歩をする」など細かくルール化してわかりやすくするのがよいでしょう。

 

適度なストレスをかける

従来のうつ病は、ストレスから離れて休息してもらうことが前提でした。しかしながら、新型うつ病では、適度に頑張ることも大切です。

なかなか頑張り切れない状態から、目標や目的をもって進めるように、育てるかかわりが有効的なケースもあります。 反対に、自分の好きなことを頑張りすぎてパンクしてしまうケースもあります。 そのときは、1人で抱え込みすぎないよう伝え方を工夫してみましょう。 適度なストレスをかけるときには、本人のプライドを傷つけないような言葉選びが大切です。

 

カウンセリングなどの精神療法

新型うつ病は、投薬の効果が期待できない病気です。 そのため精神療法が必要となってきます。 カウンセラーと話すことで、自分のつらさの原因や問題などに気づき、症状の軽減につながることが期待できます。

 

新型うつが気になる人は早めに専門の医療機関へご相談を!

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んでいただくことで、新型うつの特徴をはじめ、新型うつになりやすい性格や、新型うつと思われる人への対処法などについてご理解いただけたと思います。

自分が新型うつではないかと気になっている人や、周囲の人の異変を感じている人は、早めに専門の医療機関などにご相談くださいね。何か気になる点がございましたら、是非心療内科に相談してみましょう。

心療内科を受診するメリットは?行くべきか迷ったらどうすればいい?こちらの記事で心療内科に通うメリットをご紹介しています。是非参考にしてみてください。

 

赤羽すずらんメンタルクリニックでは駅から約1分で着く女性医師の心療内科です。

赤羽で心療内科をお探しの方はコチラをご覧ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME