メニュー

単身赴任向けのうつのケア方法とは?自分自身や身近な人ができること

[2021.04.30]

 

身体の不調や心の不調など、さまざまな変化をもたらす「うつ病」。 うつ病になる原因は人によって異なりますが、心理的ストレスや肉体的疲労が影響することもあります。 例えば、働き過ぎによる肉体疲労や対人関係、職場異動などによるストレスなどがあります。 単身赴任をきっかけに、うつになる可能性も大いにあるのです。

また、うつ病は本人が気付きにくい病気とも言われています。 症状が重症化する前に、身近にいる職場の人や家族などが症状に気付いてあげることが大切です。

 

今回は、そんなうつ病を患った単身赴任向けのケア方法をご紹介します。 自分自身がうつ病になったとき・職場の仲間がうつ病になったとき・家族がうつ病になったとき、この3つの立場でのケア方法をピックアップしました。 単身赴任向けのうつ病のケア方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

単身赴任うつ:自分自身のケア方法

まずは、単身赴任した本人がうつ病を患った場合、自分自身でケアしていく方法を見ていきましょう。 自身のセルフケアは、うつ病の原因となったストレスとうまく向き合うことが大切です。 原因となるストレスをあまり深刻に考えず、ストレスを減らす工夫をしてみましょう。

そして、規則正しい生活を心がけることもケア方法の一つです。 バランスの取れた食事を摂ることはもちろん、日頃から休憩や休養を取り、十分な睡眠時間を確保してみましょう。 うつ病のケアも大切ですが、身体を健康にすることが何よりも大切です。

 

また、趣味や自分の好きなことに打ち込むと、気分をリフレッシュすることができますよ。 単身赴任は家族と離れ、慣れない環境や職場にストレスを抱えがちです。 家族に会いたい気持ちが強いのであれば、会社の制度なども活用し、家族の元へ会いに行くのもいいでしょう。 大切な家族に会うことも、うつ病にとっては大切なケアの一環です。

 

単身赴任うつ:職場環境でのケア方法

単身赴任の方にとって身近な存在は、職場の人たちです。 もし、その方が悩んでいたり、落ち込んでいたりするときには、っと悩みを聞いてあげるといいでしょう。 また、悩みを打ち明けてくれた際には、ストレスを解消できるよう対策を立て、改善していくこともケアとしてとても大切です。 病気休養が必要な場合は、職場復帰できる環境を整えてサポートしてあげましょう。

 

単身赴任うつ:家庭環境でのケア方法

単身赴任の方がうつ病と診断されると不安だと思いますが、離れて暮らしていてもケアをすることはできます。 家庭環境でのケア方法として、積極的にコミュニケーションを取るようにしてみましょう。 ただし、うつ病の原因を探ったり、励ましたりしないように注意が必要です。 自分はできないのだと自己嫌悪に陥り、症状の悪化に繋がり兼ねません。 無理に何かをしようとするのではなく、普段通りそっと見守っているくらいがちょうど良いでしょう。

 

また、安心できる環境を作ってあげることもケア方法の一つ。 うつ病を患ったときは、些細な心遣いや優しさが安心感を与えてくれます。 「いつも味方だよ」「話したいことがあったらいつでも聞くよ」など、安心できる環境を整えてあげましょう。

 

早めにカウンセラーに相談してみましょう

うつ病には、早めの対処が重要です。ご自身でのケアも重要ですが、是非心療内科に相談してみましょう。
心療内科を受診するメリットは?行くべきか迷ったらどうすればいい?こちらの記事で心療内科に通うメリットをご紹介しています。是非参考にしてみてください

 

正しいケア方法で症状を改善させよう

いかがでしたでしょうか? この記事を読んでいただくことで、単身赴任向けのうつ病のケア方法がご理解いただけたと思います。 セルフケアや身近な人のケアも大切ですが、クリニックでのカウンセリングや専門的な治療も症状改善への近道です。 まずは、カウンセラーに気軽に相談するところから始めてみましょう。

 

赤羽すずらんメンタルクリニックでは駅から約1分で着く女性医師の心療内科です。

赤羽で心療内科をお探しの方はコチラをご覧ください。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME