メニュー

TMS治療(磁気治療)

TMS治療とは

薬を使いたくない方への代替治療。TMSのしくみとは

TMS治療の効果

どんな効果があるのか、副作用はあるのか

TMS治療の実際

予約~施術当日までの流れをご紹介

TMS料金プラン

自宅で施術できる貸出型コンパクトタイプも

TMS治療とは?

薬を使いたくない方への代替治療

TMS治療(反復経頭蓋磁気刺激)とはうつや不眠症、認知症、パーキンソン病などに用いられる新しい治療です。TMSは薬物療法で改善しなかった症状に対して効果が期待できるほか、薬物療法の服作用でお困りの方、お薬を使いたくない方の代替治療として選ばれています。

 TMS治療のしくみ

TMS治療は人体に無害な磁気を用いて脳に刺激を与える事で脳の活性化、血流増加を促します。TMSコイル装置を患者さまの頭に近づけ電流を流すと、垂直方向に磁場が生じ軟部組織や頭蓋骨を貫通し、神経細胞を刺激します。TMSでは繰り返し刺激する事で神経細胞ネットワークを活性化させることができます。

TMS治療でうつ病が改善するメカニズム

うつ病では認知に関連した背外側前頭前野が機能低下し、一方では不安や悲しみなどの情動をつかさどる扁桃体が過活動となり、脳全体に不均衡が生じているとされています。TMS治療は高頻度の磁気刺激を左前頭前野に与え神経細胞ネットワークを活性化させることで機能低下を改善し、また、右前頭前野へ低頻度刺激を与え抑制的に作用させ、生じた不均衡を是正し脳の働きを良くしてうつを改善しようというものです。*1,2

*1 George MS. Ketter TA, Post RM. Prefrontal cortex dysfunction in clinical depression. Depression 1994:2:59-72.

*2 Kito S, Fujita K. Koga Y, Changes in regional cerebral blood flow after repetitive transcranial magnetic stimulation of the left dorsolateral prefrontal cortex in treatment-resistant depression. J Neuropsychiatry Clin Neurosci 2008: 20: 74-80.

 

 

TMS治療の効果

うつ病におけるTMS治療の効果

抗うつ薬で治療効果がなかった患者さまにTMS 治療をおこない有意な抗うつ効果を示した研究結果があります。抗うつ薬1種類に反応しない症例における薬物療法での寛解率は21%であるのに対し、TMSでは25%の寛解率が見られました。抗うつ薬3種類に反応しない症例では、薬物療法が7%であるのに対し、TMSでは18%の寛解率が見られました*3。また、TMSによって寛解した約60%の患者は3ヶ月後も維持されていたという研究もあります。

TMS治療の長所

TMSは、

  • 薬物療法に効果がない患者さまに効果が期待できる
  • 認知機能の改善、脳卒中後遺症のリハビリ効果が期待できる
  • 薬物療法と比較して副作用が少ない
  • 薬物療法と比較して再発率が低い

一方、TMS治療の短所としては、通院が必要である、自費治療である、まれに皮膚のピリピリ感、頭痛を感じる事がある、歴史が浅く分からない事も多いなどです。

*3 O’Reardon JP, Solvason HB, Janicak PG, et al. Efficacy and safety of transcranial magnetic stimulation in the acute treatment of major depression: a multisite randomized controlled trial. Biol Psychiatry 2007: 62: 1208-16.

*4 Mantovani A, Pavlicova M, Avery D, et al. Long-term efficacy of repeated daily prefrontal transcranial magnetic stimulation (TMS) in treatment-resistant depression. Depress Anxiety 2012; 29: 883-90.

 

 

こんな症状にTMS治療を

  • うつ病でお薬を飲んでいるがなかなか治らない
  • 今のお薬を減らしたい
  • 抗うつ薬の副作用に悩まされている
  • 肝機能障害、腎機能障害などの持病がありお薬が飲めない
  • 精神科の薬がとにかくこわい。薬なしでなおしたい。
  • 妊娠を考えている。授乳中である。
  • 学生、受験生でお薬は使いたくない

 

TMS治療の副作用について

TMSの副作用は多くの場合軽度ですが、磁気による局所の不快感、頭痛などが出る場合があります。回数を重ねる事で軽減することが多いです。

 

TMS治療の施術ができない患者さまとは

  • 重篤な心疾患のある方
  • 人工内耳・ペースメーカー埋め込みをされている方
  • 頭に金属が入っている方
  • てんかんや頭蓋内病変の既往のある方

 

TMS治療の実際

これまでのTMS治療では1日1回約40分の施術を週5日行うのが標準プロトコールだったため、1回の施術にかなりの時間を要していました。当院では刺激頻度を改良したシータバースト機能搭載の最新TMS機器を採用しています。シータバースト搭載TMS機器ではこれまで1回40分かかっていた治療時間が約16分と短縮され、しかも同様の効果を得ています。TMS治療では週2回以上、トータル30~40回の施術をされることをお勧めします。

施術当日

心理検査や問診 施術可能な状態か確認します

刺激部位、刺激強度の設定

TMSチェアに腰かけていただき、専用のキャップをかぶり、頭位を測定し、TMS刺激部位である背外側前頭前野の位置を決めます。次にテスト刺激を与え、右手の動きを見ます。動きの程度に合わせTMS刺激強度を決定します。

施術開始

頭が動かないよう首を固定します。レギュラーなら16分40秒、ショートは8分の施術となります。個人差はありますが、初回~3回程度で効果を感じる方もいらっしゃいます。

安全性の確認と評価

TMS治療中は効果判定を含め、週1回程度の診察をお勧めしています。

 

TMS施術料金プラン

ショート   8分 3800円
レギュラー 16分 7800円

一括払いコース

ショート   20回分 69000円
レギュラー  10回分 69000円

 

自宅で施術できる貸出型コンパクトタイプも

下記のような方々にお勧めしています。

  • お住まいの地域にTMSクリニックがない。
  • 学生、受験生で通院が困難
  • 通院と自宅の両方で効果を求めたい

15日間レンタル 10万円
30日間レンタル 20万円

まずはお問い合わせからご相談ください。

*TMSコンパクトタイプはシータバーストの搭載はありません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME