メニュー

心療内科を受診するメリットは?行くべきか迷ったらどうすればいい?

[2021.04.30]

 

精神的な負担が増えてくると、体にも変化が起きはじめることがあります。 ストレスからの体調不良を感じたときには、心療内科や精神科などの受診を検討する人が多いことでしょう。 しかし、それぞれの違いがわからないまま、どうすればいいかわからず行動に出られない人も少なくありません。

 

そこで今回は、メンタルヘルスに不安があるがどこに相談すればいいかわからない、精神科とどちらに行こうか悩んでいるという人に向けて、心療内科を受診するメリットを解説していきます。 心療内科を受診するメリットがわかれば、自分が受診すべきかどうかの判断がつきやすくなります。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

メリットその1:心理面・身体面両方からアプローチできる

心療内科の受診を検討している人の中には、ストレスによって体に不調が現れているケースも珍しくありません。 心療内科と同じく精神的な不調に向き合ってくれる科として知られているのが「精神科」ですが、体の不調がメインの場合は受診していいものか悩むケースも多いものです。 精神科は、基本的に心の症状に対してアプローチしていくところ。 イライラや気持ちの落ち込み、不安感などがメインの症状の場合は、こちらを受診しましょう。

 

一方、心療内科の場合は、精神科と同じようにメンタル面の不調に目を向けながら、体の不調にもしっかり向き合ってくれることが特徴です。 心療内科では、精神的な不調と身体的な不調の両方へ、同時にアプローチしていくことになります。 精神科も心療内科も診察の内容には大差ないとされていますが、胃痛や頭痛、吐き気など体に不調が出てしまっている場合には、心療内科を受診するのがベターだと言えます。

 

心の不調だけ、体の不調だけと切り離して考えるのではなく、両方の不調に目を向けて欲しいという人にとっては、心療内科はメリットの多い科なのではないでしょうか。

 

メリットその2:原因不明の体調不良が改善に向かう可能性が高まる

先にもお伝えしたとおり、精神的な負担が大きくなりすぎると、吐き気や下痢、頭痛など、体の不調が表に出てきます。 しかし中には、体の不調を感じているものの、その不調が精神的なものからきているものだということに気づけない人もいます。 精神的負担からくる体の不調は、菌やウイルスによって引き起こされているものではないため、病院へ行っても原因がわからないまま症状が続くケースも少なくありません。 この状態が続いてしまうと、病院へ行ったにも関わらず体調が良くならないことに対してストレスを感じてしまい、より体調が悪化してしまう可能性があるでしょう。 そのため、原因不明の体調不良が続く場合には、心療内科を受診してみるのも一つの方法です。

 

心療内科は、心と体の両方にアプローチしてくれる科なので、心因性の体調不良にも強いとされています。 病気と診断されないにも関わらず体調不良が続いている人にとって、心の不調にまで目を向けてもらえるのは、大きなメリットとなるのではないでしょうか。 早めに受診をすれば、日常生活に支障をきたすことなく快方へ向かうことができます。 頑張りすぎてしまっている自分に気づけるのは心療内科ならではです。 病院を受診しても長らく体調が回復しないという人は、一度診療内科に相談してみるのも一つの手段ではないでしょうか。

 

うつ病は早めの受診が大事

うつ病は、早めの受診が大事です。行くべきか迷ってる際に参考にしたい、初期症状について記載してある記事がございます。うつ病にはどんな初期症状があらわれる?心身のサインをチェックぜひこちらも参考にしてください。

 

心と体へ同時にアプローチしてくれるのが心療内科の強み

いかがでしたでしょうか? この記事を読んでいただくことで、心療内科を受診するメリットについてご理解いただけたと思います。 心療内科は、心だけでなく体の不調にも目を向けてくれる場所です。 精神的負担から来る体調不良や、原因不明の体調不良に悩んでいる人は、一度診療内科を受診してみてはいかがでしょうか。

 

赤羽すずらんメンタルクリニックでは駅から約1分で着く女性医師の心療内科です。

赤羽で心療内科をお探しの方はコチラをご覧ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME