メニュー

妄想知覚の症状が知りたい。具体的な妄想例とは

[2021.07.04]
 

妄想知覚の特徴及び、具体例について解説します。 もしかすると自分は妄想知覚を起こしているかもしれない、家族や知人が妄想知覚で悩まされている、という人はいませんか。 妄想知覚は、統合失調症をはじめとした、さまざまな精神障害の際に現れる症状です。 この記事では、妄想知覚とはどんな症状か、どのような妄想が現れるのか、具体例とともに詳しく解説していきます。 妄想知覚について詳しく知りたい方は、是非この記事を参考にしてみてください。

 

妄想知覚とは

妄想知覚とは、見えたり、聞こえたり、触れたり…という「感覚」に対して、全く脈絡のない妄想をしてしまうことです。 直感的に、独特で異様な意味づけをしてしまうために、「妄想知覚」と名付けられています。 精神医学でいう「妄想」は、「事実でない」ことを、本人が「確信」していて、「訂正ができない」という、3つの条件を満たしている状態です。 つまり、他の人なら何も思わないことや、感じたことをそのまま受け取るべきことに、独特の意味づけをして、物語を作り上げてしまう症状を指します。 特に統合失調症の人は、妄想を「本当に体験したこと」と思っているので、無視したり、放っておいたりすることができません。 そのため、不安や恐怖にさいなまれ、日常生活にも大きな影響を及ぼしてしまうのです

妄想知覚の具体例

妄想知覚の症状にはどのようなものがあるのか、具体例を挙げてご紹介しましょう。 例えば、自宅の前に車が止まっていたとします。 普通なら何も感じないか、せいぜい「あぁ、家の前に車が止まっているな」としか思わないでしょう。 しかし、妄想知覚の人は、「自分の家の前に見知らぬ車が止まっている。これは、自分を狙っている組織が、見張りを付けているに違いない」と妄想するのです。 また、どこかでドアが閉まる音が聞こえたら、「あのドアが閉まる音は、『今からお前を殺すぞ』という意味だ。私は殺される」と妄想するケースもあります。 同じような例として、誰かが咳をすれば「あの人が咳をしたのは、私のことが嫌いだからだ」などと考えてしまうこともあります。 このように、妄想知覚は、妄想する内容が現実的には決してあり得ないことでも、本人はその内容を確信しているため、訂正できません。

妄想知覚は放置せず、適切な治療を受けましょう

いかがでしたでしょうか? この記事を読むことで妄想知覚の特徴及び、具体例がご理解いただけたと思います。 妄想知覚は、他の人が非現実的だと思っていても、本人にとってはとても不安で恐ろしいものです。 妄想知覚が疑われる場合は、放置せずに、早めにクリニックにかかりましょう。

赤羽すずらんメンタルクリニックでは駅から約1分で着く女性医師の心療内科です。

赤羽で心療内科をお探しの方はコチラをご覧ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME