メニュー

認知症になる主な原因にはどんなものがあるの?

[2021.04.30]

 

メディアや日常生活において、認知症という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。 脳の働きが病気や遺伝などが発端で低下してしまうことで起こる認知症は、ひどい物忘れが代表的な症状です。 ほかにも、判断や理解の能力が低くなる、日付や場所などが覚えられない、段取りよく物事を進められない、妄想や徘徊などという症状も見られます。 年を重ねるにつれて物忘れがひどくなると感じる方もいるかもしれません。

 

ただし認知症は、昨日の昼ご飯に何を食べたかということを忘れているのではなく、食べたこと自体を忘れてしまっているというような、通常の物忘れとは少し異なる傾向があります。 この記事では、認知症の予防やより深く理解をしたいと思っている方に向けて、認知症を発症してしまう原因について紹介します。

 

 

認知症原因その1:アルツハイマー病

認知症の原因で全体の約半分以上の割合を占めているのがアルツハイマー病で、脳に異常なたんぱく質が溜まってしまい、次第に脳全体が萎縮していくことが原因とされています。 ただし、なぜ原因となるたんぱく質が脳内に蓄積されるのか、原因はつきとめられていないのが現状です。 この病気だと分かった時点で既に脳内のたんぱく質は多くなっており、効果的な予防や治療は今のところはありません。

 

認知症原因その2:レビー小体

レビー小体という円形の物質が脳内に溜まることで認知症が発症すると言われており、これをレビー小体型認知症と呼びます。 特殊なたんぱく質からなるレビー小体によって、物忘れのほかにも幻視が目立って現れ、さらに原因物質が脳幹部にまで広がると、小刻みな歩行や震え、表情もなくなってしまうという症状が見られます。 また、徐々に認知機能が下がっていく一般的な認知症と比べ、認知症状が現れる時と現れない時があるのが、レビー小体型認知症の特徴の一つです。

 

認知症原因その3:脳梗塞や脳出血など

脳の血管が破れる脳出血や血管が詰まってしまう脳梗塞などが引き金となって脳の働きが低下してしまい発症する認知症を、血管性認知症と言います。 脳梗塞や脳出血後に症状が現れ、その後もさらに血管の障害で段階を追って症状が進んでいくのが特徴で、症状が出る時とそうでない時があるまだら症状も見られます。 小さな脳梗塞の場合は、自覚していないうちに発症している場合もあるので注意が必要です。

 

認知症原因その4:前頭葉、側頭葉の変化

たんぱく質が変化した塊が、思考や感情などに関わる前頭葉と言語や記憶などの働きを担う側頭葉の神経細胞に現れることで、脳が萎縮し認知症になることがあります。 これは前頭側頭型認知症と言われ、思い通りに行動できなかったり言葉が出にくかったりといった症状が特徴になります。 認知症の中では比較的若年層での発症が多いとされており、認知症の代表的な症状が出にくいことから、認知症だという診断が遅れてしまうこともあります。

 

認知症原因その5:遺伝

少数ですが、認知症の原因疾患に家族性アルツハイマー病があり、これは遺伝によるものだと考えられています。 両親の一方が家族性アルツハイマー型であった場合は、子どもは2分の1の確率で発症する可能性があるとも言われています。 現在認知症発症の原因遺伝子は分かっているため、家族に家族性アルツハイマー型の認知症の方がいる場合は、遺伝子診断を受けてみるのも一つでしょう。

 

認知症になるには様々な原因がある

いかがでしたでしょうか? この記事を読んでいただくことで、認知症になってしまう主な原因がご理解いただけたと思います。 認知症は現段階で一定の期間は進行を遅らせる薬はありますが、根本的な治療薬はありません。 認知症に関する主要な原因を知ることで事前の予防に役立て、理解を深めるきっかけにしてみてください。

 

赤羽すずらんメンタルクリニックでは駅から約1分で着く女性医師の心療内科です。

赤羽で心療内科をお探しの方はコチラをご覧ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME