メニュー

幻聴を生じる4つの原因とは?一人で悩まず早めに受診しよう

[2021.04.30]

 

聞こえるはずのない声や音に悩んでいませんか? 聞こえるはずのない幻聴を感じている本人は、想像以上に辛いもの。 周囲から理解してもらえず孤立したり、日常生活に支障が出たりしてしまう人もいるようです。

 

この記事では、幻聴に悩んでいる人に知ってほしい、幻聴の主な原因について4つご紹介します。 心の病気によって幻聴が生じている場合は、適切な治療をすることで症状を改善できます。 早めに病院を受診してみてくださいね。

 

 

幻聴の考えられる原因4つ

幻聴が聞こえるのはなぜでしょうか? ここでは4つの原因について解説していきます。

 

1.統合失調症

統合失調症は10代から20代の若い世代で多く発症し、長い経過をたどる心の病気です。 さまざまな精神機能に障害が起こり、他人とのコミュニケーションが取りづらくなったり、幻覚や妄想に悩まされたりすることもあります。 統合失調症による幻聴では、話しかけられる声や、命令される声を感じる人が多いようです。

 

2.PTSD(心的外傷後ストレス障害)

PTSD(心的外傷後ストレス障害)は、過去に災害や事故、暴力などの衝撃的な体験をした人がなりやすい、精神的な障害です。 PTSDの特徴的な症状が、「フラッシュバック」と呼ばれる、過去のできごとを今現在体験してるかのような感覚に陥る症状です。 フラッシュバックは、原因となる経験を連想させるようなできごとが引き金となりやすいことが知られています。 フラッシュバックが起こるときには、当時の声や音が幻聴としてよみがえることも多いようです。

 

3.薬物によるもの

大麻や覚せい剤、シンナーといった薬物は、脳に直接作用し、多幸感をもたらします。 このような薬物は依存性が強いので、自分の力ではなかなかやめることができません。 薬物を繰り返し使用していると、使用中や使用後などに幻聴や妄想を生じ、異常な行動を起こすようになってしまいます。

 

4.認知症

高齢者が幻聴を感じる原因として認知症によるものがあります。 そのなかでもアルツハイマー型認知症は、幻聴を引き起こしやすいと考えられています。 認知症による幻聴は、その場にいない子どもの声がしたり、自分の悪口が聞こえたりといった訴えが多いようです。

 

では、幻聴の詳しい症状は?

今回の記事では幻聴の原因についてご説明いたしました。では症状はどんなものがあるのでしょうか。幻聴の症状にはどんなものがある?聞こえる声や音で種類が異なる コチラの記事では幻聴の症状についてご説明しておりますので、合わせてご覧ください。

 

幻聴を感じたら一人で悩まず早めの受診を!

いかがでしたでしょうか? この記事を読んでいただくことで幻聴の原因がご理解いただけたと思います。 幻聴は周りに理解を得にくいことから、一人で悩んでしまう人が多い症状です。 不安を感じたら早めに受診することをおすすめします。

 

赤羽すずらんメンタルクリニックでは駅から約1分で着く女性医師の心療内科です。

赤羽で心療内科をお探しの方はコチラをご覧ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME