メニュー

症状別に知りたい、心療内科に行くべき目安は?

[2021.06.30]

 

この記事では、心療内科に行くべき目安について解説します。 ストレス・不安・不眠などの悩みを抱えているときに、心療内科に行ってもいいのかと悩んでしまっていませんか? しかし、悩んでいるうちにどんどん症状が悪化していく可能性もあります。 心療内科に行くべき何かしらの目安がわかれば、心療内科に行って適切な処置を受ける事で症状が軽くなるかもしれません。 今回は、症状別に心療内科に行くかどうかの判断基準をまとめました。 気になる症状があるけれど、心療内科を受診しようか判断に迷っているという方は、参考にしてみてください。

 

心療内科に行くべき目安を知りたい

    • 症状別に心療内科を受診する目安を紹介します。

不安やストレス症状での受診の目安

      • 不安感やストレス、倦怠感によって憂鬱な状態が2週間以上続くときは、
    早めに心療内科を受診しましょう
      。 理由としては、不安やストレスによってうつ病を患っている可能性があるからです。 うつと言うのは、軽い症状から重い症状まで様々あり、ストレスや不安感が原因で起こる事があります。 気分が落ち込みやすくなる、やる気が出ないなどの心の状態を放置していると、どんどん症状が進行していく可能性があるので注意が必要です。 不安感や倦怠感には、明らかにストレスの原因がわかる場合と、わからない場合があると思います。 軽度のうつ病の場合には、風邪に似た症状が現れる場合もあるため、まずはかかりつけ医に相談するのも良いでしょう。 うつ病を患った人の中でも、体の倦怠感や疲労感を感じて、内科や産婦人科などを受診して検査をしてから、心療内科を紹介してもらったケースもあります。

不眠・睡眠障害での受診の目安

      • 寝付きが悪くなったり、眠れているのに疲れがとれなかったり、睡眠に関する悩みを抱える人は少なくありません。 不眠の原因としては、心の病やストレス、また薬の副作用によるものもありますが、放置していると不眠恐怖症になってしまう可能性もあります。 睡眠の途中で目が覚めてしまったり、寝付きが悪く朝までほとんど眠れなかったり、などの状態が週3回以上、約1ヶ月続く場合は、心療内科を受診する目安でしょう。 しかし、寝る直前までスマートフォンの画面を見ているという人は、この行動により脳が覚醒してしまって、寝付きが悪くなっている可能性があります。 まずは自分で原因を考えてみて、改善できそうであれば実行してみましょう。
    睡眠不足は日常生活に支障をきたす場合もあるので、早めに適切な対処方法を考えましょう

食欲不振・暴飲暴食での受診の目安

    • 摂食障害につながる、食欲不振や暴飲暴食については、「今までの食欲と明らかに違いがある」「食べる量の制御ができない」などと感じたときにはすぐ受診した方が良いでしょう。 摂食障害は早めに治療を始めた方が、回復が早いとされているからです。 過度なダイエットや、体重の増加に恐怖を抱いてしまう拒食症は、栄養不足やめまいなどを引き起こす可能性があります。 一方過食症は、明らかに多い食事を食べてしまう、食べた直後に故意に嘔吐をするなどを繰り返すなどが主な症状です。 痩せたいという気持ちや、体重の増加に対する恐怖心などメンタル面から発症してしまう場合が多い傾向にあります。 自分自身ではなかなか気づきにくい病気でもあるので、家族や周りの方が気になった場合も受診をすすめてあげると良いでしょう。
  • 初診で自分の状態をうまく伝えるには?

  • 今回解説してきた目安に該当する方は、心療内科に一度行ってみることをオススメしますが、自分の状態をうまく伝えられるか、少なからず不安があるかと思います。

    初診の段階で自分の状態を正確に伝えられるかどうかは、その後の回復度合いや回復スピードに左右します。

    心療内科では初診のときに何を話すの?具体的な内容とはで詳しく解説しているのでご参考ください。

心療内科の受診は気になったらすぐにでも!

  • 今回は、心療内科に行くべき目安を紹介しました。 心療内科を受診すべきかどうか判断する材料となりましたでしょうか? もちろん、少しでも気になる事がある場合や、日常生活に支障があるので早くこの症状をなくしたいと思っている方は、すぐ心療内科を受診しても良いでしょう。 行くべきか悩んでいる方は、ぜひ目安として参考にしてみてください。 赤羽すずらんメンタルクリニックでは駅から約1分で着く女性医師の心療内科です。

    赤羽で心療内科をお探しの方はコチラをご覧ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME