メニュー

冬季うつの特徴をチェック!普通のうつ症状との違いは?

[2021.04.30]

 

秋から冬の間に、さまざまなうつ症状を引き起こす冬季うつは、季節性うつやウインターブルーとも呼ばれています。 日照時間が少なくなると発症リスクが高まるため、10月から11月にかけてうつ症状がひどくなり、3月頃には自然と緩和していく傾向があるようです。 男性よりも女性の方に症状があらわれやすく、一度発症すると季節が巡るたびに繰り返すともいわれているため、適切な対処をすることが大切になります。

 

この記事では、冬季うつの症状にはどのような特徴があるのか、寒くなると気分の落ち込みが激しくなる方や、冬場になると心身の調子が崩れてしまうとお悩みの方に向けて、冬季うつの特徴について解説します。

 

 

冬季うつ 特徴1. 気分が落ち込み、倦怠感に襲われる抑うつ症状がある

冬季うつの症状には、気分の落ち込みが激しく、何をしても楽しめないといった症状が挙げられます。 ほかにも、疲労感や倦怠感に襲われて、身体を動かしたり新しいことを始めたりすることが億劫になる人も多いようです。 以前は楽しいと感じていた物事や事柄に対しても、何も感じなくなる場合、ひどい抑うつ症状が出ていると考えられます。 これらは、冬季うつに限らず、気分障害のひとつといわれる双極性障害をはじめ、ほかのうつ病にも当てはまる症状です。 冬季うつの症状には、さまざまな精神疾患と似たような症状があらわれるため、判断が難しい場合もあり、冬場にうつ症状が重くなったからといって、必ずしも冬季うつであるとは限りません。 症状が悪化する前の段階で、専門医へ受診をすることをおすすめします。

 

冬季うつ 特徴2. 過食がひどくなり、炭水化物や糖分を過剰に摂取してしまう

さまざまな精神疾患と同じような症状があらわれる冬季うつですが、食欲が減退するのではなく、過食に走ってしまうという特徴が見られます。 なぜ過食に陥るのか、詳しい原因は解明されていませんが、かつて人類が冬眠前に食糧を蓄えて備えていた習性と関係があるかもしれないといわれています。 冬季うつの場合、ただ食欲が増すだけでなく、炭水化物や糖分ばかり欲して、食事のバランスが偏ることも多いようです。 一般的に寒い季節は、食欲が失せがちな夏場と比較すると、食べ物が美味しく感じられ、食欲が増進する人も多いでしょう。 しかし、気分の落ち込みが激しく無気力であるにもかかわらず、食欲だけが旺盛な場合は要注意かもしれません。 うつ状態で、なおかつ過食気味だと自覚した場合は、早めに専門医にかかるようにしましょう。

 

冬季うつ 特徴3. 眠気がひどく、ずっと寝てばかりいる

冬季うつの場合、一般的なうつ症状と少し異なり、眠気がひどく日中寝てばかりいるケースもあるといわれています。 冬場は、なかなか暖かな布団から出られず、睡眠時間が長くなる人も多いかもしれませんが、どれだけ長時間眠っても眠気が取れない場合は、注意が必要です。 たくさん眠ってもスッキリと目覚めることが出来ず、気力の低下や激しい倦怠感に見舞われる場合は、冬季うつの可能性があります。 日中寝てばかりいると、日差しを浴びる時間がさらに短くなるため、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質が不足して、身体に不調が生じやすくなります。 生活のリズムが乱れることで、さらに症状が悪化することもあるため、なるべく昼間に外へ出て身体を動かすことを心がけましょう。 睡眠時間が異常に長くなり、日中起きているのがきついと感じた場合は、メンタルクリニックへ早めに相談することをおすすめします。

 

過食や過眠の症状があるときは冬季うつの可能性あり

いかがでしたでしょうか? この記事を読んでいただくことで、冬季うつの特徴にはどのような症状があるのか、ご理解いただけたと思います。 冬場に鬱々とした状態に陥り、過食や過眠といった症状が顕著にあらわれた場合は、冬季うつである可能性があります。 症状を繰り返さないためにも、冬季うつかもしれないと思ったら専門医へ早めに相談してください。

 

ではなんで季節とうつ病が関係しているのか

今回の記事では、冬季うつの特徴についてご説明致しました。ではなぜ季節とうつ病が関係しているのか、季節の変わり目はうつに注意!なりやすい理由とは?こちらの記事にて記載しておりますので、是非参考にしてみてください。

 

赤羽すずらんメンタルクリニックでは駅から約1分で着く女性医師の心療内科です。

赤羽で心療内科をお探しの方はコチラをご覧ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME